Nobu's blog トレード日記

子育て日記としてスタートしましたが、子供が大きくなってくるとネタも少なくなってきたので路線を変更。FX、為替関連の中心に書いていきます。タイトルもトレード日記に変更。

タグ:為替

4月後半から続いた不調からようやく抜け出せました。この間、何が悪いのか色々と考えながら試行錯誤してきました。まずはメンタルに問題があるのではないか?と。そしてトレードスタイルが自分に合ってないのではないか?と。しかし、そこで講じた対策は一時的な効果があったものの、結局は元に戻ってしまい根本的な対策にはなってなかったようです。

確かに焦りはあります。しかしなぜ焦るのか?利益が出ないから?利益が出ないのはなぜか?相場が見えていないからでです。なぜ見えていないのか?相場が難しい局面だから?北朝鮮リスクやロシアゲートのせい?いえ、自分の相場の見方に問題が生じていると考える方が妥当です。

かつて見えていたものが見えなくなっている。自分の手法が通じなくなったのか?いえ、そうは思えません。あとから振り返れば相場の動きは常にテクニカルに沿ったものです。ただ単に事前に気づくことができなかっただけです。

とすれば、やることは一つ。基本に立ち返り一つ一つ丁寧に確認していくこと。

そこでメモを取ることにしました。トレードノートの一種だと思いますが、今回の場合は売買記録ではなくトレード中の相場観を書き出していくというものです。一定時間ごとに全ての時間足をチェックし、上昇なのか下降なのか揉み合いなのかを確認します。これまでもトレード中に常に行っていたことなのですが、頭の中だけでやっていたことを実際に書き出してみたのです。そしてそこにその時点での自分の相場観もメモしておきます。ここで言う相場観とは思い込みによるものではなく、各時間足をチェックした結果に対するものです。思い込みを排除し、チャートをフラットな心で見た結果を書き留めておくのです。その他にもイベントやニュースなど気付いったことがあればメモしておきます。

これは効果てきめんでした。見えなくなっていたものが急に見え始めたのです。それもかつて見えていたものと同じ景色が。忘れていたものを思い出した感覚です。

調子が良いときは頭の中だけでも情報を整理できていたものが、一度調子を崩すと全くできなくなっていたのです。実際に文字に書き出してみることで見落としや忘れたりすることがなくなりました。

相場が見え始めると自然と焦りも消えました。たとえ利益が出ていなくても焦ることはありません。なぜならその時はチャンスではないからです。また、チャンスを逃したとしても悔やむことはありません。次のチャンスを待てばよいだけですから。いつからか忘れてしまったこのような感覚を完全に取り戻すことができました。

私はトレードにおいてメンタルは非常に重要な要素だと考えているのですが、メンタルを安定させるためにはシステムに落とし込まなければならないとも考えています。ノートをつけるというのもその一つなんでしょう。

ちなみに、売買記録については私もこれまでにも取っていますが、こちらはどちらかというとトレード手法を構築していく上で重要ですが、ある程度確立してしまうと調子の良し悪しをチェックするためには必要ですが重要度は下がってくると思います。

トレードノートに関しては多くの人がその重要性を説いています。ただ、その内容や活用方法についてはトレーダーの成長レベルやトレードスタイルなどによって変わってくるものなんだなと思いました。トレード手法と同じで自分なりのものを見つける必要があるんだなと。

先にも述べたように、私はトレードにおいてメンタルを重要視しています。どんなに分析をしても最後に指を動かしてマウスをクリックする瞬間は「ここで動く」という直感によるものだからです。そこを突き詰めていくうちに少し分析が疎かになっていたかもしれません。最後の直感を働かせるためには入念な分析が必要であるということを思い出しました。そのためのトレードノートの大切さを知ったのでした。

5月から海外業者のXMで口座を開設し、5万円からどこまで増やせるかチャレンジすることにしました。

XMではとにかくボーナスが手厚く少ない資金からトレードを開始できます。まず口座開設で3,000円、さらに入金ボーナスも付きます。私は5万円を入金したので100%の5万円がボーナスとして付きました。尚、ボーナスとは証拠金として充当されるだけで、貰えるわけではありません。

自己資金 ¥50,000
クレジット ¥53,000
証拠金 ¥103,000

すなわち私の例でいくと自己資金5万円で証拠金を103,000円としてトレードを開始できるという仕組みです。

レバレッジはMAXの888倍にしました。とはいえあんまり無茶はしません。当面は20倍くらいで取引しようと思ってます。それでも証拠金維持率は3500%以上ありますから、いきなり追証となる心配もなくある程度余裕を持ってトレードできます。ただし余裕があるからとナンピンすると大変なことになります。資金管理は大事ですね。

1日1トレードか2トレードで2~3%くらいの利益を狙っていこうと思ってます。

5月の成績

損益        :+21,045円
利益率(証拠金比) :20.4%
利益率(自己資金比):42.1%
自己資金残高    :71,045円

ちなみにXMでトレードをして一番驚いたのは約定の速さです。今まで使ってた国内業者はクリックしてもなかなか約定せずにグルグル回ってたんですがXMは瞬間で約定します。これは本当に驚きでした。

今のところ少額ということもありメイン口座と違って気楽に取り組めているので夢を追いかけるには丁度良いかなと思っています。あまり稼ぎすぎると税金が大変みたいですが、国内口座とうまく使い分けてやっていきたいです。

今後も月ごとに成績をアップしていく予定です。

5月は試練の月となっています。4月後半からトレードが不安定になりだし、先週末もその対策を色々考えながらブログに書いたのですが、その効果なく大きな損失を出してしまいました。先週考えた対策は簡単にまとめると以下の2つです。

① 目標を下げる
② チャンスをじっくり待って一気に勝負する

①は悪くありませんでした。無理な目標にストレスを感じているようであればその目標を下げるべきですし、何pipsとか何円とかそういうことを考えること自体も場合によってはトレードに悪い影響が出ます。私が目標を設定しているのはノルマを課すためではなく、例え1日うまくいかなかったとしても、次の日から淡々とやれば「十分な利益を得ることができる」と思えるようにするためで、これは私のメンタルにうまく働いてくれています。

ところが②はあまりうまくいかず、むしろデメリットが出てしまいました。

トレード回数を減らしチャンスを狙い打つ作戦は成功すれば大きいですが、失敗すると思った以上にダメージが大きかったのです。このダメージというのはトレードの失敗による損失のことではありません。メンタルに与えるダメージが大きかったのです。失敗した時の流れはこうです。

トレード回数を減らしたことで1回のエントリーで成功させたいという気持ちが強くなる
その結果、相場の動きを見極めるよりも自分の願望の方が先に立ってしまい、利確のポイントを逃し建値で撤退となる
数少ないチャンスを取り逃したことで焦る
焦りが焦りを呼び不用意にポジションを取ってしまう
負けパターンにはまる

要は大きいのを狙いすぎて失敗し、その後、チャンスを待つということをすっかり忘れて負けパターンにはまってしまったのです。

今回失敗した原因の一つとしてレンジ相場だったことが挙げられます。レンジ相場にもかかわらずブレイクを期待して失敗したのです。本来、相場がトレンドなのか、レンジなのかによって戦略は変えるべきなのですが、一つにこだわりすぎた結果失敗してしまったのです。

元々じっくり待つということが苦手な私にとって②のようなスタイルは不向きなのかもしれません。4月以降のトレードを振り返ると少し狙いすぎだったとも思います。トレード回数を比較しても以前の半分以下です。この数字を見て私はむだポジを減らすことができたと思っていたのですが、それは間違いだったかもしれません。

というのも、大きいのを狙い過ぎた反省から再び小さいチャンスも細かく取っていくことで新たな気付きがあったのです。細かく取ることでコツコツと利益が積み上がることはもちろんのこと、実際にポジションを持ってチャートを見るの時と、ノーポジの時とではその見え方が全く異なるということでした。反発するポイントや、伸びるポイントなど値動きをリアルで感じることで相場に働く力が見えてきて、その延長に大きなチャンスの到来も感じることができるのです。

以前からこういった感覚は朧気ながら持っていたのですが、今回改めてハッキリと認識することができました。エントリー回数を減らすことで無駄ポジを減らすことができたと思っていましたが、無駄ポジは決して無駄ではなかったのです。

また、細かく取っていくことの効用として他にも以下のようなものもあります。

・小さな成功で自信を付けることができる
・トレードにリズムが生まれてくる
・損切りも小さくすむので躊躇なくできる
・1回のチャンスを逃してもガッカリしなくてすむ
・利確後に更に伸びても気にならない
・ブレイクするかしないかでイライラしなくてすむ(一気に行かないならサッサと利確しちゃいます)
 等でしょうか

間違ってはいけませんが、これは決してポジポジ病ではありません。あくまで3~10pipsくらいの小さなチャンスを狙ったトレードです。ちょっと伸びれば20pipsくらいまではいくかもしれないという状況でのエントリーです。小さいなりにチャンスを見極める目は必要で、たんにエントリー回数を増やせばよいというものではありません。

今回、改めて自分のトレードスタイルを整理してみると自分は本質的にはスキャルパーなんだなと思いました。そのスキャルの延長で利が伸びたときにデイとかスイングっぽいポジションを作るスタイルなんだろうなと思いました。

今月はこれまでちょっと足踏みしましたが、モヤモヤしていたものも晴れ、自分がどんなトレーダーなのかもハッキリとしてきたので、これからは反転攻勢(と言っても日々淡々と)に出たいと思います。

↑このページのトップヘ