Nobu's blog トレード日記

子育て日記としてスタートしましたが、子供が大きくなってくるとネタも少なくなってきたので路線を変更。FX、為替関連の中心に書いていきます。タイトルもトレード日記に変更。

カテゴリ:教育 > 歴史

今年は戦後70年、終戦記念日も近づいてきて関連の話題もよく耳にするようになりましが、未来志向の話よりも過去に縛られた話が多くなんだかなーという感じです。安保法制に関しても、今日は高校生がデモを行ったということが報じられていました。高校生が政治に興味を持つことはよいことかもしれませんが、私はデモに参加するよりも、もっともっと学ぶべきことがあるのではないかと思います。

と言うのも、もし私が高校生のときにこういう事があれば、きっと私もデモに参加していたのではないかと思うからです。戦後の日本の教育を普通に受けてくれば、戦争反対を唱えるのは当然ですし、真面目な生徒ほどそこにハマっていくと思うのです。

しかし、大人になり、社会の現実の中でもまれながら自ら歴史を学ぶにつれ、そうした考え方がいかに理想主義で空想的であるということを思い知らされました。もちろん、理想を追求することは否定しません。しかし、理想を描きながらもいかに現実と折り合いを付けながら物事を前に進めていくかということも非常に大事なことだと思います。

振り返ってみると、学校では理想的なことしか教わってこなかった気がします。もっともっと現実について教えてくれれも良かったんじゃないかなと思います。もっとも、それは親の役目だったのかもしれませんが。

私は生れも育ちも東京ですが、両親は沖縄です。そして私の妻はフィリピン人です。戦時中、フィリピンは日本に占領され、沖縄は戦後、アメリカに占領されました。

その前の時代を遡っても、沖縄はかつて琉球王国という一応は独立した国家でしたが、中国の冊封体制に組み込まれながらも、薩摩藩の支配下に置かれる状態でした。

フィリピンも日本の占領前はアメリカの植民地で、更にその前はスペインの植民地でした。フィリピンという国名はスペイン王フェリペに由来するものです。私の妻にもスペイン人の血が流れています。

沖縄もフィリピンも何故他国の侵略を受けたのか。それは力がなかったからです。力とは何か。それは軍事力であり、経済力でしょう。

そしてその沖縄もフィリピンは今ふたたび他国の脅威に晒されています。そう、中国からの脅威です。

フィリピンはそうした脅威を敏感に感じているため、日本の安保法制を歓迎しています。かつて自国を占領した日本に対して反対するのではなく歓迎しているのです。戦後に築きあげた両国の信頼関係があってこそのものだと思います。

沖縄はどうでしょうか。残念ながらそうした状態にはありません。アメリカとも日本とも良好な関係を築けているとは言えません。果たして沖縄はどこに向かうのでしょうか。

明治維新の後、日本は列強に負けないために富国強兵に務め発展してきましが、それが行き過ぎて道を誤ってしまいました。それは事実です。しかし、力を持たぬために他国に蹂躙された歴史を持つ国も多いという事実も知るべきでしょう。

デモが歴史を学ぶキッカケになってくれればよいですが、デモの熱気に煽られ本質を見失わないでもらいたいものです。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

今回は「はだしのゲン」の作品の話ではなく、一連の騒動について思うところを書いておきたいと思います。
 
似たような問題は「はだしのゲン」に限らず、「風立ちぬ」の喫煙シーン騒動、原発再稼働をめぐる議論、原発事故後の避難をめぐる議論など、ここ数年だけでも何かの議論の行方を空気が支配するという構造を目にすることが多々あります。

実は、この「空気」こそが戦前の日本を最終的に開戦へと押し出した最大の要因であり、軍も政府もこの「空気」に抗うことができず開戦へと突入していってしまったというのが最近の定説です。「はだしのゲン」を子供に読ませる理由は「二度と戦争を起こさないため」と言いながら、その議論は日本を戦争へと突き進ませたのと同じ「空気」によって決められていくというのは何とも皮肉な構造です。

何年か前にもKY(空気読めない)なんていう言葉が流行ったように、日本人の意思決定には空気が重要な役割を果たしています。この空気は論理的な議論を封殺します。日本社会が空気に支配されている限り、いつまた戦争へ突入しかねないという懸念があるのです。

戦争を繰り返さないためには戦争の悲惨さを伝えていくことが大事だと言われることが多いです。確かにそういうことも大事でしょう。しかし、それだけでは不十分です。過去の記憶というのはどうしても風化していきます。戦争はいつも悲惨です。そしてそれが人類の歴史です。歴史は繰り返すという言葉もあるくらいです。

本当に反戦を願うならば、「はだしのゲン」を読むことではなく、日本社会を取り巻くこの「空気」にあらがう力を身に付けることです。それは論理的思考力を身に付け、情ではなく理に基づいた議論をするということです。反戦・平和を叫びながら、戦前と同じ精神構造で議論をしようということは何かの冗談にしか聞こえません。

当ブログでも論理的思考力を子供の頃からどのようにして養うかを研究しており、「論理的思考力」の検索で訪れる方も多いですが、それくらい論理的思考力というのは注目されています。それだけ日本人に不足している能力とも言えます。

子供に論理的思考力を身に付けてもらいたいと思うなら、まずはこうした問題について自分自身が論理的に考えられるかを試してみて下さい。一方の意見だけを盲信するのではなく、自分の頭で考えるのです。良い頭の体操になります。

参考までに、空気に関する書籍を紹介します。

日本の「空気」研究の第1人者 山本七平氏の名著
 
山本七平の「空気」論などをベースに最近のトピックスをからめ論じた池田信夫氏の著書

日本人とは何かを知るには良い本です。そして一連の問題が「空気」に支配されていることを理解出来ると思います。

「風立ちぬ」につづいて今度は「はだしのゲン」が世間の話題のようであります。その描写が残虐なものが含まれるということで一部自治体の小中学校の図書館において閲覧が制限されたというのです(ニュースはこちら)。また、一部活動家から歴史認識について意見が出されていたことでこの問題が更にクローズアップされました。それに対する世間一般の声やブログ等を拝見すると、閲覧制限は不要という声の方が多いようであります。

しかし、制限不要という人たちに考えていただきたいのは、これはあくまで学校教育の一環である学校図書についての問題だということです。私はこの「はだしのゲン」は学校図書として適切とは思えないのです。市区町村にある一般の図書館に並んでいるとすれば、それは問題とは思いません。学校図書だから問題視すべきなのです。

閲覧制限に反対する人たちは戦争の悲惨さを伝える作品として重要だと言います。確かに悲惨さは伝わります。しかし、小学生にそういった描写を見せるのは適切なんでしょうか?意見は分かれるでしょう。ならばこそ扱いは慎重になるべきなのです。どうしても見せたいと思うならその親が自分で用意して見せればよいのです。これは「風立ちぬ」の喫煙シーンと似た問題です。

また戦争で被害を受けた一市民の思い、特に原爆による被爆という壮絶な体験を経ての人生を送ってきた作者の思いを知るという観点からも貴重な作品ではあると思います。なぜそのような偏った思想にまで発展したのか?など考えさせる部分は多いと思います。

しかし、小中学生にそういった問題を考えることができるでしょうか?歴史問題を考えるには背景となる知識が必要です。そして何が真実かはわからない問題も多くあります。ある程度歴史を学んだ後だったり、歴史の授業の中で取り上げるならまだいいでしょう。しかし、図書館に並べておいて各自で勝手に読んで勝手に解釈すればよいというのでは乱暴すぎると思うのです。しかもそれを小中学生に。

歴史に興味を持つ入り口としてマンガやアニメ、小説などいろいろあります。しかし、気を付けなければならないのはそれらは話を面白くするためにフィクションが多く含まれるということです。優れた作品ほど話にリアリティがあるので史実とフィクションの見分けがつきにくいのです。

中には「はだしのゲン」はすべて史実だと言う人までいます。学校図書として並べておくことはそうした誤解を助長してしまうのです。このマンガはあくまで一個人の体験をもとにしものであり、綿密な取材の上に書かれたノンフィクションではないのです。
このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

↑このページのトップヘ