Nobu's blog トレード日記

子育て日記としてスタートしましたが、子供が大きくなってくるとネタも少なくなってきたので路線を変更。FX、為替関連の中心に書いていきます。タイトルもトレード日記に変更。

カテゴリ: 将棋

子供に将棋を教えるのにネット上の情報だけではやはり限界があり、初心者向けの将棋本を購入しました。購入した本はこの2冊。

 

カラー図解で見やすかったのと、息子が羽生名人の名前を覚えていたことが購入の決め手です。しばらくはこの2冊を片手に取り組むことになりそうです。

息子は家に帰ると早速読み始めたのですが、なんとそこには回り将棋やはさみ将棋など自分の知らない将棋の遊び方が書いてありました。そういうのを飛ばしていきなり本将棋で遊んでいたので少々混乱したようですが、すぐに色んな遊び方があると理解したようです。

結局その日は本の中にあった「歩落ち将棋」をやることにしました。これははじめたばかりの子供とやるにはとてもよいと思いました。将棋の醍醐味である駒を取ったり取られたりがいきなり始まるので退屈せずに駒の動きを学べます。

翌日はやはり他の遊び方が気になるようで、回り将棋をやることになりました。 やってみると将棋以外の意外な副産物が出てきたのでやってよかったと思いました。

まず始めるにはルールを知らなければなりませんが、せっかく本があるので私は息子に「読んでやり方を教えてよ」と言いました。息子は一通り読んでくれたのですが、「じゃぁ、どうすんの?」というとチンプンカンプンのようです。そこで私は気付きました。今まで絵本や図鑑を読むことはあっても、今回のような何かの解説本を読むことはこれが初めてだったのです。文章を表面的に読めても内容は理解していなかったのです。こうなると長文読解力が必要になるので、よい訓練になるなと思いました。これが一つ目の副産物です。もう一度読み返しながら、全部を一度に読むのではなく、実際に駒を動かしながら読むよう教えました。将棋を覚えながら読解力も訓練できる一石二鳥です。挫折しないように助け舟を出しながらやっていこうと思います。

次に、回り将棋をやると算数も練習できるということを改めて知りました。回り将棋ではサイコロの代わりに4つの金という駒を振ります。そして盤上にどの向きになるかで進めるマス目の数が決まるのです。スゴロクでも同様なのですがサイコロ4つ使うと暗算も少し面倒なのに対し、回り将棋の場合は0,1,5,10,100の組み合わせなので計算がしやすく、算数を習う前の子供に数の概念を教える良い題材ではないかなと思いました。これが2つ目の副産物。

また、回り将棋ならいままで見ているだけでちょっと嫉妬気味だった下の娘も一緒にできるので、兄妹仲良く遊べるモノが増えました。

息子と将棋を初めて1ヶ月になりました。ルールを覚えるまではどういしても退屈なので、そこを乗り越えられるか心配だったのですが、毎日対局を続けるうちに駒の動きなんかもしっかりと覚えてきたようで、最近は2手先を読めるようになってきました。

最初は囲いもへったくれもなくやみくもに駒を動かすだけだったので、とりあえず穴熊を教えてみました。丁度その週のNHK将棋でやってた戦法が穴熊だったので、息子もすぐにイメージが沸き「穴熊やりたーい」と好反応でした。

初心者向けの解説を書いてるサイトをみつけてきて息子と一緒にみながら穴熊の組み方を覚えました。ところが、守る大切さを教えたら守り一辺倒になってしまいました。

攻めも教えようと思い、基本中の基本の棒銀を教えたのですが、こちらはあまりピンとこなかったみたいです。まぁ、囲いは相手に関係なく進められるのに対し、攻めは相手があるので難しい面があるかもしれません。

ただ、将棋は彼のツボにはまったようで、さっそく将棋アプリをダウンロードしたり、将棋盤で一人で動かしながらシミュレーションしてみたり、いろいろやってます。

そして意外だったのが、娘も興味津々でたまに兄妹で対局していることです。もちろん3才の娘はルールを全然理解していないのですが、それでも楽しそうにやっています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

以前から子供には将棋を教えたいと思っていたのですが、ようやくその時期が来たようです。とはいえ、将棋を初めてテレビで見せてから興味を示してくれるまでには3ヶ月ほど掛かりました。

教えようにも興味を持ってくれなければ始まりません。そのきっかけ作りのために日曜日のNHKの将棋番組を見ることにしました。最初は私一人で見ているだけで、息子は一向に興味を持ってくれません。また、日曜日は外出することも多く、見たり見なかったりと不定期でした。

そこで、ビデオに録画して見ることにしました。録画の設定を息子に頼んだこともよかったかもしれません。ちょっとだけ見てくれるようになりました。

そして息子の興味を決定的に引いたのは駒の上に書かれた漢字だったようです。

「あ、歩くだ」  棋士が歩を動かすのを見て言いました。

私は「ここだ!」と思いすかさず言いました。「そう!歩くだよ!歩くから1マスしか進めないんだよ!」

「え~~!おもしろい~!」 息子の反応は予想以上に良いものでした。

私は続けて「その下にあるのは飛車だよ」と言いました。

すると息子は「飛行機の飛だー」と見事な食いつきぶりを見せてくれます。

「そうだよ。飛行機だから縦横を自由に飛んでいけるんだよ」と駒の動きを教えます。

角や金、銀、王など一通り説明し終わる頃には完全に興味を持ったようで、私は満を持して言いました。

「将棋やってみる?」

「やるー」という返事が返ってくるとすぐにamazonで注文しました。 
このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

↑このページのトップヘ