Nobu's blog トレード日記

子育て日記としてスタートしましたが、子供が大きくなってくるとネタも少なくなってきたので路線を変更。FX、為替関連の中心に書いていきます。タイトルもトレード日記に変更。

カテゴリ: デジタルネイティブ

しばらく途絶えていたブログであるが、息子がプログラミングにチャレンジすることになったのでこれを機に再開してみようと思う。

息子は現在小学校3年生。プログラミングにはまだ少し早い気もするが本人がやる気なので挑戦してみようと思う。彼がなぜプログラミングに興味を持ったのか?それは人気ゲーム、マインクラフトのMODを作りたいからだそうだ。

彼は当初、自力でMODの作り方を調べ、MOD作成にはjavaを覚える必要があることを突き止めた。そして「javaを覚える!」と意気揚々と語っていた。しかしながら様々なjava入門サイトを調べたものの、当時小2の彼の理解力で は太刀打ちできず、あっさりと諦めていた。

一方、私のプログラミング歴はほとんどないといって過言ではないくらいである。小学生の頃にBASICを少しかじり、大学の卒論ではFOTRANで応力モデルを作ったりしたのであるので多少の経験はあるものの、まったくの素人と言ってよいレベルである。

それでも入門書を読めば書いてることは理解できるし、まったく未経験の子供に教える程度のことはできそうである。一緒に勉強するつもりでチャレンジしてみようと思った次第である。

子供向けのプログラミングと言えばScratchが有名なので私も少し触ってみたが、正直、少し物足りなさを感じた。後々調べるとRaspberry Piと組合せるなど、それなりに色々できるようなので優れた学習教材であることは間違いないと思うが、一瞬でハマるような魅力を感じなかった。Web版でモッサリしていたのも一因かもしれない。

一般的に子供にプログラムを教える場合にはキーボード入力が壁となるが、うちの子の場合はその壁がないのでわざわざScratchを経由せずとも普通のプログラミングの学習に入ることができるのが強みである。

ということで早速javaにチャレンジ!かと思いきや、選んだ言語はC言語。

理由はいくつかあって、私がjavaは未経験だけどCなら少しだけかじったことがあるということ、わかりやすそうな入門用サイトがあったこと、サンプルプログラムが多くあること、 Cから入れば後は楽?と思ったこと、くらいか。

私がプログラミングに挫折したのは根性が足りなかったから、情熱が足りなかったから、など多くは自分の側に問題があったのは間違いないのだけれども、当時は子供でも理解できるような参考書は少なかったし、周りの大人に詳しい人がいなかったというのも大きいと思う。もちろん一番は自分の努力、情熱不足だけども、周りに詳しい人がいないと情熱の火も消えやすいという意味で環境は大事だと思う。

今回、私がわかりやすいと思ったサイトでさえ、子供の理解力では難易度が高く、大人のサポートが必要だし、せっかく興味を持っても誰も助けてくれなければ情熱も冷めてしまうもの。初歩の段階である程度の助走をつけてあげればあとは自分で勝手に学んでいくのではないかという期待を込め、MOD作成へは遠い道のりだけれども、千里の道も一歩から、しばし付き合ってみようと思う。




先日、ニューヨーク・タイムズにスティーブ・ジョブズが自分の子供にはiPadを使わせていなかったという記事が掲載され一部で話題を呼んでいました。

記事では子供へのテクノロジー否定派としてジョブズの他にもワイアードの元編集長クリス・アンダーソンの考えも紹介しており、ハイテク・IT企業の幹部たちの多くは自分の子供にテクノロジーに触れることを制限しているというのです。

こうしたことは以前から言われており、また、私の直接の友人の中にも同様の考えを持っている人いたので今回の記事は決して驚くような内容ではありません。今回、iPadの生みの親であるジョブズが自分の子供に使わせていなかったということで、再び話題になったというところではないでしょうか?

しかし、だからといって子供のiPad使用をやみくもに制限するのは考えものだと思います。

例えばスティーブ・ジョブズについては、ではその子供たちは何歳なんだろうか?と調べてみると、1991年に再婚し、その再婚相手と3人の子供をもうけているようです。長男は1991年生まれ、末娘は1998年生まれだそうです。iPadの発売は2010年で、長男はすでに19歳、末娘も12歳になる頃で、もう十分に成長しているのです。

記事ではジョブズの子育ての考え方とiPadを結びつけていますが、ジョブズの子育て期間は実際にはiPadが発売される以前の1990年代から2000年初頭であり、その頃では極めて常識的な子育ての考え方です。また、当時のPCやインターネットの状況では、子供が楽しいと思えるようなものは少なく、子供向けのテクノロジーとはせいぜいTVゲームで、教育的に得るものはなかったということでしょう。

しかし今は違います。きっかけはiPadの登場ではありません。それより少し前のブロードバンド時代、あるいはweb2.0と呼ばれる時代の到来によって変わってきたのです。iPhoneやiPadの登場によりコンピュータの専門的な知識がなくても誰でも情報発信ができるようになり、相乗効果でコンテンツが爆発的に増えていったのです。もちろん玉石混交、子供にとって有害なものも多くありますが、有益なものも増えました。

うまく使えば子供たちの能力を伸ばしてくれますし、使い方を誤れば皆が懸念する依存症になってしまうでしょう。全ては使い方次第。そうしたリスクを理解した上で使うか使わないかの選択の問題なのです。

ハイテク・IT企業の幹部たちは経済力も十分あります。リスクをかけなくても十分な教育環境を整えることができるという見方もできます。しかしほとんどの人は子供の教育費は悩みの種です。それでも捻出できればまだ良い方です。世界には十分に教育を受けられない人も多いのです。

「世界中の子どもに初等教育」という難題(東洋経済オンライン)

こうした問題を解決してくれるのもiPadを始めとするテクノロジーです。

特にデジタルは、言葉の学習、文字の読み書きといった基礎学習との相性が抜群です、わざわざ学校で習う必要がないくらいです。そうして学習を効率化すれば小学校6年間で中学までの内容を無理なく修得できるのではないかとも思ってしまいます。また、全てをまんべんなく学習する必要もなく、自分の好きなことをとことん極めることの方が大事です。そうした教育方法への転換の可能性もデジタルテクノロジーがあってこそです。

そうやって一人ひとりが好きなことを極めていくなかで、ある子はiPadの動作原理に興味を持ちエンジニアになるかもしれませんし、ある子はそんことには全く興味がないけれど、iPadでYoutube見ながら歌を毎日練習していたら歌手になったという子も出てくるのではないでしょうか。



当ブログではタブレット端末の子育てや学習への活用について紹介してきましたが、端末の選び方について書くことはありませんでした。そこで今回はタブレット端末の選び方についてご紹介したいと思います。

子供向けに選ぶ上で何が一番重要か?多くの人はセキュリティを挙げると思います。しかし私は敢えて「NO」とお答えします。それでは何が一番重要か?それは操作感です。

画面をスワイプしたときの追従性、アイコンをタップしたときの画面の切り替わりなど、全てがスムーズに行われることが大事です。iPadが1歳に満たない乳児でも使えた理由はここにあります。Anroidoもだいぶ追い付いてきましたが、操作性はiPadシリーズが頭一つ抜けています。子供に使わせるからこそ操作感が最も大事にしたいと考えます。

ということで、この時点でおすすめ端末ナンバーワンはiPadシリーズに決まりです。その中でもお薦めはiPad miniです。価格的にもサイズ的にもお手頃で子供向けには丁度良いと思います。子供にiPadなんて高いと思う方もいるかもしれませんが、任天堂DSと比較してもトータルで考えれば決して高いものではありません。そのことは前回の記事で述べました。

また、iPadを勧める理由は他にもあります。それはアクセサリーの種類の豊富さです。子供に使わせる上で心配なのが落として壊れてしまうこと。衝撃を吸収してくれるようなケースを装着しておけばその心配もほとんどなくなります。防水性のあるケースなどもあります。例えばこちら。


Wi-Fiモデルとセルラーモデルのどちらが良いかは現在の自宅のネット環境にもよるのですが、もし既にWi-FiがあるのであればWi-Fiモデルがよいと思います。セルラーモデルは外出先でも使えるのが魅力なのですが、毎月の通信費も掛かりますし、せっかく外に出掛けたときは外出を満喫した方が子供のためだと思うからです。いわゆるデジタルデトックスですね。ちなみに我が家はWi-Fiモデルです。

セキュリティ面についてはAppleもGoogleもペアレンタルコントロールなど対応を進めてきており、iOS7ではWeb検索のフィルタリングも実装しています。AppleのヘルプサイトではWebのフィルタリングについて説明が少なくわかりずらいのですが、アダルトコンテンツを制限できるようになっています。

iOSのペアレンタルコントロール(機能制限)
Androidのペアレンタルコントロール(機能制限)
Googleのセキュリティツール

YoutubeのセーフモードをONにすればかなりの確率で不適切サイトを除去してくれます。各社ともに子供の利用を前提に考えているので、今後もその精度は向上していくと思われます。

参考までに我が家ではこれまで約6年に渡り子供たちがパソコンやiPadを使ってきており、子供たちは自由に検索をしていますが、そういった不適切サイトに遭遇したことはありません。運が良かっただけといえばその通りですが、普通に使っていれば滅多に被害に合うことはないと思います。

よくある可能性としては親の閲覧履歴からそういうサイトに飛んでしまった。とか、ショッピングサイトでログインしたままになっており子供が誤って注文してしまった等です。同一端末を使用する場合は、端末の設定以外にそうした自分の使い方も気を付ける必要があります。

もしどうしてもAndroid系タブレットを選ぶならばこちら。


他にも沢山のモデルがありますが、ありすぎてわかりません。

その他、いわゆる子供用タブレット端末については、シリコンラバーのボディで落としても大丈夫とか、ペアレンタルコントロールが実装されていることが売りだったわけですが、既に述べたようにそうした優位性はもはや失われてしまいました。ゆえに性能の劣る子供用タブレットをわざわざ買う理由が見当たりません。値段も安くないですし。

↑このページのトップヘ