4月の後半からややトレードの調子を崩してます。原因はハッキリとしていて手法ではなくメンタルです。思い通りの利益が上げられずやや焦りが出てそれが損失につながってるのです。

昨年の12月からトレーダーとして開眼し、順調に利益を積み上げ利益はすべて次のトレードに回すようにしてきました。いわゆる複利運用です。12月から起算して利益は200%を超え、資産は雪だるま式に増え当初のざっと3倍です。(これで原資回復なのであんまり喜べませんが)

これまでの利益率を維持していくために資産が3倍になったので建玉も3倍にしたいところですが、実際はそうもいきません。それでも3月まではリスクを徐々に減らしつつ枚数を増やしてこれました。

ところが4月に入って枚数を増やすことにブレーキが掛かってきました。相場的に難しい状況になったこともあって慎重になっていたこともありますが、以前に比べるとリスクを抑えるようになりました。

また、取引回数も大きく減っています。12月に比べると半分です。無駄なエントリーを減らしてきた結果でもあるのですが、年末年始は本業がたまたま閑散期で専業に近い環境でトレードできたのに対し、最近はやや忙しくなってきたこともありチャンスのときに必ずしもトレードできない場面も増えています。

リスクを抑え、トレード回数を減らしたことで利益も減少したのですが、トレードを絞り込むことで損失も減らすことができていたので目指す方向性としては良かったはずなのです。

にもかかわらず調子を崩したのはなぜなのか?それは心のどこかでもっと稼ぎたいという気持ちがあったからです。

12月、1月は平均月利40%と好成績だったので、低めに見積もっても30%はいけるかなと思って目安としてきました。しかしそうそう思い通りにはなりません。好不調もありますが、先にも述べた理由から全体的に利益率が下りつつありました。下がっていることはある程度受け入れていたのですが、もう少し欲しいというような中途半端な気持ちが心の隙を生み、焦りを誘発して損失を出してしまうようになったのです。

本業が忙しく思い通りのタイミングでトレードできない状況で、必ずしもチャンスではない場面で無理にエントリーしてしまう場面が増えたのです。一方でチャンスでトレードできる場面でもリスクを抑え気味なので目標利益に到達しません。その結果、さらに無理なエントリーをしてしまうのです。たたでさえ利益が減ってるところに損失も増えてしまうのですから損益はさらに悪化します。ここで何か手を打たないとあっという間に転落していきそうでした。

そこで改めて目安としていた月利30%とはどんなものかを考えてみました。全部複利で回せば年利1600%を超えます。まぁ、既に30%は無理だなとは思ってたので25%はどうかと試算してみるとそれでも1000%を超えます。世の中にはやってのける人はいるでしょうけど、今の自分にはストレスを感じる目標だと思ったのでいっそ15%くらいまで落してみてはどうかと試算したらそれでも500%を超えます。これでも十分だろって思いました。月利15%ならあまりストレスなく達成できそうな水準です。(普通の資産運用なら年利10%でもすごいです)

尚、目標はあくまで目安なのでノルマとは考えていません。今後またストレスを感じるようになったら見直します。

目標を落としたので、今後は無理なエントリーをすることはなくなるはずです。そうすれば大きな損失はないはず。はず、はず、はずで微妙ですが、怪しげな場面ではエントリーをせず、落ち着いてトレードできる状況を作った上でチャンスを狙い打ちます。どんなに忙しい日でも1日1回くらいは遭遇できると思う。遭遇できなかったらノートレでもよしと思えるよう心構えを持つ必要もありそうです。

そしていざチャンスとなったら思い切って枚数張ります。リスク管理は大事ですが必要以上にリスクを抑えると折角のチャンスで十分な利益を得ることができず無駄なエントリーを誘発してしまうので行く時は思いっきり行くとこにしました。(フルレバという意味ではありません)

それなりの資産を築くのに最低でも4~5年は掛かりそうなので継続してできなければ意味がありません。目先の利益にとらわれず長い目で見て取り組まなければならないと改めて思いました。