FXなどの投資は始めてからどれぐらいで成功するのでしょうか?昔から「石の上にも3年」と言いますし、数年前からよく言われる「1万時間の法則」も年にすると3年が一つの目安なのでFXの場合もやはり3年というのが一つの目安になってくるというところでしょうか。私自身も芽が出るまでに3年掛かっており、自分の経験的にも当てはまる数字です。

もちろん、3年以内に成功する人はいます。そういう人は才能があったか、運に恵まれたか、いずれにせよ例外的な人だと思うので、ここでは初めてみたけれど中々うまくいかないという人を対象に考えたいと思います。

まず3年というスパンですが、これは相場の大きなサイクルを経験するには丁度良い期間だと思います。私が始めたのはアベノミクスがスタートした頃。1ドル80円を切っていた状況から100円を超えついには125円を超えピークを迎えたました。その後は忌まわしきチャイナショックとチャイナショック2を経て下落へと転じます。そしてブレグジットで底を付けたあとトランプ大統領誕生で再び上昇へ。これでだいたい3年です。この3年間で相場で起こりうることはだいたい経験できたのではないかと思います。これももちろん相場歴が長ければ長いほど経験値は高いことは言うまでもありませんが、3年で一通りモノを語れるようにはなると思います。

一方で、3年やっても結果が出ない人もいるかもしれません。何が足りないのでしょうか?それは「1万時間の法則」で説明できると思います。

「1万時間の法則」とは何か?簡単に言うと物事の習得には1万時間掛かりますよ、ということです。しかもこの1万時間はある程度の短期間で集中的に取り組む必要があるということで、およそ3年がひとつの目安になっています。3年で1万時間がどれぐらいかというと、365日やって9.1時間/日。土日休みを考慮して年300日とすると11.1時間/日ということで、実は結構ハードルが高かったりします。1日10時間以上は大げさですが、1日1~2時間ではなかなか習得は難しいということです。

スポーツや音楽の世界を例にとって考えてみても、一流のトッププロとして活躍するためにはそれくらいの練習量は皆こなしているでしょう。また、草野球、草サッカーと言えども最低限のテクニックや戦術理解、基礎体力は必要です。テクニックや戦術理解がなければまともな試合になりませんし、基礎体力がなければ怪我をしてしまいます。そしてそれらを身につけるためにほとんどの人が小中高の部活動などを通して1万時間を法則をクリアしているのです。しかしながらスポーツの場合、それだけではプロとして食べていくことはできません。大半の人は趣味として楽しむだけです。もちろんそれはそれで素晴らしいことですが、プロへの道は非常に狭き門なのです。

ところがFXなどのトレーダーは違います。トップクラスのトレーダーを目指す必要はなく、草野球レベルで十分に収入を得ることができます。にもかかわらず何故成功する人がわずかなのか?それは草野球レベルに達していないからです。トレーダへの門は広く開かれていますが、そこへ至る道に「1万時間の法則」という壁が立ちはだかっているのです。

FXのトレードにおいて最低限必要な知識はそう多くはありません。従って勉強に割く時間はわずかで済みます。大事なのは実践でのトレーニングです。本では止まってるチャートを見て売買ポイント確認しますが、実際のトレードはリアルタイムで動くチャートを見ながら状況を把握し、瞬時に判断していかなければなりません。こうした状況の認識力やそれに応じた判断力といった能力は実践を通じて鍛えるしかないのです。

スポーツとは異なる事例として英会話を挙げることができます。英会話もその習得に挑戦しながら挫折する人が少なくありません。挫折した人はその理由をあれこれ並べるかもしれませんが、本当の理由は簡単です。実際に会話をする練習、経験が足りないからです。本で文法や構文をいくら覚えても実際の会話ではすぐには使えません。実際に英語を話せるようになるには、まず単語レベルで言葉を発する練習から始まり、2語、3語とつなげる短い文章を話してみることが必要です。また、実際に人とコミュニケーションを取り意思疎通を図る経験をして初めて言葉として脳に定着していきます。いきなり長い文章は話せません。子供のような会話から次第に大人並の会話ができるようになっていくのです。

トレードも同様です。最初は中々うまくいきません。でも少しずつ利益を伸ばしていけばいいと思います。最初は5pips、10pipsで十分です。実績を積み重ねることで見えなかったものが見えてきます。短い時間軸から徐々に長い時間軸で見ることができるようになります。チャートを3年も見続けていると、「あ、このパターンは上昇しそう」とか「下りそう」とかなんとなくわかってきます。そこで実際にトレードをして実績が出れば更に自信がつきます。

FXでの成功に特別な才能は要りません。「継続は力なり」あきらめずに続ければいつか結果はついてきます。そして壁さえ突破できれば成功への門は開かれています。私もようやく壁を突破したところ。まだ成功の門はくぐっていませんが、一歩ずつ進んで行きたいと思います。