しばらく途絶えていたブログであるが、息子がプログラミングにチャレンジすることになったのでこれを機に再開してみようと思う。

息子は現在小学校3年生。プログラミングにはまだ少し早い気もするが本人がやる気なので挑戦してみようと思う。彼がなぜプログラミングに興味を持ったのか?それは人気ゲーム、マインクラフトのMODを作りたいからだそうだ。

彼は当初、自力でMODの作り方を調べ、MOD作成にはjavaを覚える必要があることを突き止めた。そして「javaを覚える!」と意気揚々と語っていた。しかしながら様々なjava入門サイトを調べたものの、当時小2の彼の理解力で は太刀打ちできず、あっさりと諦めていた。

一方、私のプログラミング歴はほとんどないといって過言ではないくらいである。小学生の頃にBASICを少しかじり、大学の卒論ではFOTRANで応力モデルを作ったりしたのであるので多少の経験はあるものの、まったくの素人と言ってよいレベルである。

それでも入門書を読めば書いてることは理解できるし、まったく未経験の子供に教える程度のことはできそうである。一緒に勉強するつもりでチャレンジしてみようと思った次第である。

子供向けのプログラミングと言えばScratchが有名なので私も少し触ってみたが、正直、少し物足りなさを感じた。後々調べるとRaspberry Piと組合せるなど、それなりに色々できるようなので優れた学習教材であることは間違いないと思うが、一瞬でハマるような魅力を感じなかった。Web版でモッサリしていたのも一因かもしれない。

一般的に子供にプログラムを教える場合にはキーボード入力が壁となるが、うちの子の場合はその壁がないのでわざわざScratchを経由せずとも普通のプログラミングの学習に入ることができるのが強みである。

ということで早速javaにチャレンジ!かと思いきや、選んだ言語はC言語。

理由はいくつかあって、私がjavaは未経験だけどCなら少しだけかじったことがあるということ、わかりやすそうな入門用サイトがあったこと、サンプルプログラムが多くあること、 Cから入れば後は楽?と思ったこと、くらいか。

私がプログラミングに挫折したのは根性が足りなかったから、情熱が足りなかったから、など多くは自分の側に問題があったのは間違いないのだけれども、当時は子供でも理解できるような参考書は少なかったし、周りの大人に詳しい人がいなかったというのも大きいと思う。もちろん一番は自分の努力、情熱不足だけども、周りに詳しい人がいないと情熱の火も消えやすいという意味で環境は大事だと思う。

今回、私がわかりやすいと思ったサイトでさえ、子供の理解力では難易度が高く、大人のサポートが必要だし、せっかく興味を持っても誰も助けてくれなければ情熱も冷めてしまうもの。初歩の段階である程度の助走をつけてあげればあとは自分で勝手に学んでいくのではないかという期待を込め、MOD作成へは遠い道のりだけれども、千里の道も一歩から、しばし付き合ってみようと思う。