Nobu's blog トレード日記

子育て日記としてスタートしましたが、子供が大きくなってくるとネタも少なくなってきたので路線を変更。FX、為替関連の中心に書いていきます。タイトルもトレード日記に変更。

歴史は学校でも教わるものですが、学校の歴史の時間というものは退屈なものでした。こま切れの内容に加え、「○○○年に□□が成立」などと丸暗記をさせる無意味な試験。本来の歴史を学ぶ意味を全く感じさせてくれません。なぜ歴史を学ぶのかというのは、「過去の教訓に学ぶ」とか、「その国の人の考え方、思想の背景を知る」だとか、何よりも自分たち日本人、日本社会について知ることだと思います。にもかかわらず、歴史教育というのは軽視されてるように感じます。マスコミ等で話題になるのもせいぜい、日中韓の歴史観の違い、近・現代史の取り扱いについてです。それも大事かもしれませんが、あくまで歴史の一部です。全体の流れを把握することができればおのずと本当の姿が見えてくるはずです。とはいえ歴史とは答えは一つではありません。立場が違えば歴史も異なるのです。

先日、MX TVのゴールデンアワーという番組で興味深いコメントをしている外国人の方がいました。その方曰く、日本とその方の国(たしかノルウェーだったと思います)では歴史教育について大きな差があるそうで、日本では私も先に述べたようにこま切れで丸暗記方式なのに対し、その国では歴史教育を重視していて、さらに歴史を3次元的に捉えているそうです。もう少し噛み砕いて言うと、世界の歴史は何本ものレールがときどき重なり合いながら歩んできたということを理解しているということです。日本のように、日本史と世界史を分けて考えるのではなく、また物事は多面的に見なければいけない。ということだと思います。

このような考え方は日本でも井沢元彦氏などが提唱しています。歴史とは大きな流れの中で理解すべきと言っています。その流れを理解することで今を正しく認識できるということです。例えば日本の戦国時代と世界史で言うところの大航海時代は密接に関係しており、さらに現代に通じているのです。 井沢氏の唱える新説の真偽については私は素人なのでわかりませんが、氏の歴史に対する考え方、アプローチの仕方などは非常に参考になります。しかし、日本の教育界ではこういう考え方を取り入れる気配はありません。

 井沢氏は歴史の学び方、実社会への応用の仕方について吉田松陰のエピソードをよく紹介しています。吉田松陰の主宰する松下村塾では生徒たちへの歴史の講義の中で、現代で言うところのケーススダディーを行っていたそうです。あるその場面で、自分ならどうするか?ということを考えてみるのです。正に現代のMBAと同様の手法が100年以上前の日本で行われていたのです。明治維新の原動力となった人材を輩出した教育手法は、現代においても多くのビジネスリーダーを輩出する方法と同じだったのです。ここで大切なのは、自分のアタマで考えるということです。模範解答をコピー&ペーストするのでは意味がないのです。

私は子どもたちに学校で学ぶ歴史を、そのような形で補強していきたいと思っています。ここでも時折、歴史のトピックスを書いていきたいと思います。
このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

家庭教育で大事なことは、学校で教わらないことを教えるということだと思います。そのうちの一つがお金にまつわることです。日本ではお金というとダーティーなイメージがつきまわり、「金儲けは悪」というような風潮がありますが、お金に関する正しい知識は社会に出る前に身に付けるべきと思います。

そう思って”マネー教育”で検索してみると何件かヒットしました。その中でも金融広報中央委員会というところが運営している知るぽるとというサイトはなかなか参考になりまそうです。このサイトで十分とは思えませんが、入口として教科書的なところは学べそうです。マネー教育というと財テク的なところ連想しがちですが、最近話題の税金、年金、社会保障などお金というのは生活に非常に密着しています。そういう部分については最低限、みんなが正しい知識を身に付けるべきでしょう。日本はそういう部分への意識が低いがゆえに、税金も年金も役人や金融関係者の食い物にされてきてしまっているのです。払った税金も本当は自分たちの財産です。その財産の使い道についてそれぞれがちゃんと考えられる土台を作らなくてはなりません。それがマネー教育なんだと思います。

何歳からどうやって教えるかっていうのはちょっと考えちゃいますけど、とりあえず、「今のところは働いて仕事をしないとお金はもらえない。」と教えています。自営業だと常に働いている姿を見せることができるので教えるのは楽です。上の子は一応理解してくれてると思います。サラリーマンだとそういうのを教えるのも一苦労なのかもしれませんね。

先ほどの検索結果で何件か見てみましたが、私と同様にマネー教育の必要性を感じている方は少なくありませんね。ただ、ちょっとテクニカルな話題が多い気がします。私としてはもう少しお金にまつわる全体的な考え方、すなわち何のために稼ぐのか、得たお金で何をするのか、そういうようなことを考えさせることが大事だと思います。子供らしくただ単に「おもちゃが欲しいからお金を貯める」とかではもの足りないのです。

とはいえ、私自身がまだ確固たるものを持ち得ていないので、この辺は専門家の知恵を拝借しながら研究していきたいところです。

子どもの記憶力にはしばしば驚かされることがあります。うちの息子は電車が好きで、3歳のころには関東主要路線の駅名を覚え、3歳後半には漢字でも読めるようになりました。それから一年、もうすぐ5歳。覚えた駅は全国の路線に広がり、都道府県名も全て覚え、それらの漢字も読めます。

最初は「もう漢字読めるの?」なんて驚いたのですが、たまにTVでも小さな子が「漢字検定に合格した 」なんてニュースがあったり、ネット上でも2歳とか3歳で漢字を読めるようになったなんて話があるので、実はそれほどスゴイことでもないのかもしれません。といいますか、そもそも子供の記憶力というのは大人が考えているよりずっとスゴイのかもしれません。単に記憶力という観点で見れば、アニメのキャラクターをたくさん覚えていたり、特撮モノの怪獣なんかを全部覚えていたりなど幼児の記憶力を示す事例はたくさんありそうです。その興味の対象がたまたま「電車」と「漢字」だっただけなのかもしれません。ですから私はそういう能力はどんな子供でも少なからず持っていると考えます。

とはえい、子供は興味がなければ覚えてくれません。興味を持ってもらおうと思って親が試行錯誤しても興味がなければサッパリです。いろいろやらせてみて興味をもってくれたものを入口に世界を広げていくのが良いのではないでしょうか?その中には無駄に終わるものもいくつもあるでしょう。しかし興味を持ってくれないものに固執してもしかたありません。親の期待するものとは違うものに興味を持つこともしばしば。しかし最初から型にはめようとすべきではありません。大事なのは子どもが時間を忘れるくらい熱中できるものを見つけることです。そしてそれは子ども自ら見つけます。親はその手助けをしてあげるだけだと思います。

ところで、うちの息子の今の流行りは地名です。ありとあらゆるところで地名をみるととりあえず読んでみます。例えばスーパーで、キャベツは○○産、きゅうりは○○とか産地を確認しています。クルマでドライブすれば青看板みてあっちは○○、こっちは△△など 行先を確認しています。そして家に帰ればGoogle Mapで行った場所を振り返り、通った道をなぞっています。時にはストリートビューでドライブルートを再現しています。

彼にとってはすべて 遊びです。しかし遊びを通じて電車から始まった彼の興味は日本地図へと広がり各地の特産品、観光名所などその世界が広がっていっています。最近は世界地図にも目をやるようになり、歌で覚えたロンドンブリッジがイギリスのロンドンにある橋だということをようやく理解するようになりました。 

子供の記憶力はすごいです。今後も記憶力に関するエピソードを紹介していきたいと思います。

↑このページのトップヘ